読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そばにある幸せ~大阪の小さな台所から

in season中田綾子料理教室を開いています。 簡単な副菜が献立の役に立ちますように

ピリッとおいしい もやしとひき肉の甘酢和え 

もやし

 

f:id:inseasonfukusai:20160330101841g:plain

こんにちは。 講師の中田です。 ええ季節になりましたなぁ~

今日の料理は、春って新学期、移動、歓送迎会など何かと物入りな季節ですやんか~

で、安く、残った材料も混ぜていい(ほんとか?!)っていう節約でもおいしい料理のご紹介。

もやし、って書いてますけど、キャベツの千切りも入ってます。 千切り、残ったらいつまでも生で食べるのもアカンね、加熱した方がええよね。

 

そう、冷蔵庫にちょっと残った野菜を刻んで混ぜちゃう、もありな、野菜なんでもええねん、っていうような料理です。 

味のついたひき肉をのせ、さっと火を通した熱々野菜と一緒に上から甘酢をかける、

というものなので意外とさっぱりおいしく食べられる。 しかも簡単。

では、材料の紹介から。

■材料 副菜としては2~3人分かな~

残った野菜例 今回はキャベツ 千切りにしたもの カップ1程度

もやし 1袋(約200g)

豚ひき肉 約100g

にんにく みじん切り 1かけ分(お好みで)

    臭いが気になる人は しょうが でもOK。

かざりで青ねぎ 少々 (ニラの残りでもOK)

■調味料

【上からかける甘酢】調理に入る前に合わせておいてね。

砂糖 大さじ1/2

酢  大さじ1/2

しょうゆ 大さじ2

ラー油 大さじ1/2 辛いのが苦手な方はごま油で

【豚ひき肉の下味】

酒 大さじ1

砂糖 小さじ1

しょうゆ 小さじ1

甜麺醤(なければ赤みそ) 小さじ1

炒めるときの油 大さじ1/2

 

作ってみましょう。

  1. 青ねぎは小口切りに。 にんにくはみじん切りにします。 もやしは根を取っておきます。(面倒ならいいけど...)
  2. フライパンに水300mlを入れ沸騰させます。 酒大さじ1(分量外)を入れ、1のもやしを入れ、ふたをして1分加熱します。 ふたを開け、もやしを上下入れ替えます。 キャベツを加えて再度ふたをして、30秒加熱します。 火を止めて1分蒸らしたら、ザルに上げて水気を切っておきます。
  3. 空いたフライパンを温め、油を入れたら豚ひき肉を炒めます。 入れたら、一度裏返してからほぐすと、ほぐしやすいです。
  4. 3に下味の調味料を順に加えます。 濁りが無くなり、油が澄んできたら、にんにくを入れ、香りが出るまで一緒に炒めます。 より辛くしたい人は、ここで輪切り唐辛子を入れて一緒に炒めてもおいしいよ~ん。
  5. お皿にもやし、キャベツをもり、その上から4をかけ、飾りの青ねぎ、を散らして、たっぷりと甘酢たれをかけます。

ほな、写真で紹介しますね。

 

f:id:inseasonfukusai:20160330114917g:plain

材料はこんなかんじで準備してね。

f:id:inseasonfukusai:20160330114959g:plain

根は取った方が食べやすい。 根切タイプか、太めのもやしがおすすめかな。

f:id:inseasonfukusai:20160330115037g:plain

こういう茹でるというより、少量の湯で蒸すようにすると、歯ごたえが残っておいしいよ。 量によって時間は加減してね。

f:id:inseasonfukusai:20160330115139g:plain

これは味噌を入れる前。 ちょっと焦げるぐらいの方がサクサクしておいしいです。

ひき肉はフライパンに入れたら、その面が固まるので、それを今度上に持ってくるとほぐしやすくなる、いうことですねん。

 

こういう料理は自分でいくらでもアレンジ可能です。

甘酢を少し温めてもいいし、量を増やしてもいいし。

好きなように食べてね。 ひき肉は少ないと味気ないと思いますねん。

 

見てくれはっておおきに。

おいしかったら、また来てくださいね。 

 

 

 

Copyright(c)in season Ayako Nakata