読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そばにある幸せ~大阪の小さな台所から

in season中田綾子料理教室を開いています。 簡単な副菜が献立の役に立ちますように

温かいスープで心身を癒そう 「イタリアの卵スープ ストラッチャテッラ」

スープ、汁物

f:id:inseasonfukusai:20160420155411g:plain

こんにちは in seasonイン・シーズン料理教室 中田です。

このたびの熊本での大震災に遭遇された皆様、心よりお見舞い申し上げます。

ほんとに見ているだけで疲れますね。

一日も早く収まってほしいと思うのですが、まだまだ揺れそうだなんて言われると、先に精神的に参りますなぁ~ 

 そんな中、テレビを見ていると、温かいものを食べるとホッとする、という声が聞かれます。

温かいもの、汁物というのは文化を問わず、家庭の味でもあり、心身を癒してくれる力がある料理。

 

新しい環境でスタートすることになった方もちょっと疲れたりっていう時期ではないでしょうか。 

ということで、今日は超簡単! 包丁もまな板も必要なし!

栄養もあるアツアツスープをご紹介。

ストラッチャテッラって舌をかみそうな名前ですが、Stracciatellaと書きます。

要するにイタリアのかき玉汁です。 卵ふわふわでほんのりチーズの香り。 

イタリアのママの愛ですねんで~♡ 残量で遅いときに何か少し食べたい時、朝ごはんにちょっとスープとクラッカーやシリアルのクッキーとかあれば、十分ですやん。

 

ではLet's cooking!

■材料

  • コンソメスープ(チキンでもOK) 300ml程度
  • 卵 1個
  • 粉チーズ(あればパルミジャーノレッジャーノのおろしたもの) 大さじ1
  • 青物野菜 ひとつまみ(写真はサラダクレソン) ルッコラなど

コンソメとブイヨンとあるけどどう違うの~?という方こちらで解説

in seasonイン・シーズン料理教室diary

■調味料

胡椒...少々かな?

作り方-----------------

  1. 卵は白身が混ざるまでしっかり溶きほぐしておきます。 そこに分量の粉チーズをまぜておきます。
  2. 青物野菜は手で葉と茎に分けておきます。 コンソメスープを煮立て、茎→葉の順に入れます。
  3. 2の沸騰した状態のところに、かき混ぜながら卵を少しずつ入れていきます。

できあがり。 味は最後に少し整えてね。

ほな、いつものように写真に行きましょか

f:id:inseasonfukusai:20160420161007g:plain

真ん中が粉チーズ。

f:id:inseasonfukusai:20160420161040g:plain

煮立ってきたところ。 ここに泡立て器があれば使って混ぜながら卵をいれますねん。

ない、っていう人のために、写真はフォークで作っています。

垂らすように入れながら、卵が落ちてきたところをフォークでしっかり左右に動かして、卵をちらしてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:inseasonfukusai:20160420162550g:plain

中に入れる葉物野菜はゆでた残りのほうれん草とかでもいいんですわ。

生の場合は先にオリーブオイルや、バターで野菜を炒めてからコンソメを注いで、さっと煮てから卵を入れてね。

よろしゅうおあがり。 また来てくださいね。

 

レシピ&レッスンのお問い合わせはこちらまで↓

inseasonlesson.localinfo.jp

 

 

 

 

 

Copyright(c)in season Ayako Nakata